不用品回収ができるものとできないものがある

不用品回収ができるものとできないものがある

作業員

回収ができるもの

日常生活で使用されている食器棚やタンス、本棚、ベッド、マットレス、テレビ台などが対象です。電化製品だと、電子レンジ、冷蔵庫、暖房器具、時計なども対象です。また、食器やカーテン、古本、衣類、筆記用具も喜んで回収します。

家具のミニチュア

逆にできないもの

中身が入った缶詰、生もの、レトルト食品はいつか腐敗するものなので、静岡の専門業者でも回収はしていません。また、盗品や薬品、医療器具なども論外でしょう。

トラック

回収された品物の行方

静岡にある不用品回収業者のほとんどが、独自の販売ルートを持っているので、使えそうなものは積極的に買取して、海外で再販されています。このルートがなければ、高価買取は実現しないでしょう。特に日本製の物は海外で質がいいと評判がよく、注目されています。しかし、適切な方法で処分しない悪徳業者が存在するのも事実で、多くは人目のつかない山奥に不法投棄されています。

悪徳業者の特徴リスト

  • ルールを無視した処分をしている
  • トラックに積んだとたん多額の請求をしてくる
  • 急に訪問して不用品回収をしたがる
  • 空き地を所有している
  • チラシ配布に積極的
  • 大音量で周辺を巡回している

広告募集中