テレビの廃棄処分は買取をしている専門業者を頼る

廃棄処分だけが選択肢じゃない

古くなったテレビは必ず処分というわけではなく、まだ使えるものや比較的新しいタイプに関しては、買取もしています。まだ使えるのに勿体ないなと感じたら買取を検討しましょう。

こんなテレビは買取に出した方がいい

テレビ

製造されてから5年以内のテレビ

年式が新しいものに関しては、廃棄処分をするより買取依頼をした方が断然お得です。近年のテレビは耐久年数も10年と非常に長いので、新しく買い替えるなら今のうちです。

液晶画面が壊れていない場合

破損や故障している場合、高価買取のチャンスはありませんが、液晶画面が綺麗で動作に問題がなければ、買取に出すのが一般的です。その前に、柔らかい布でテレビに付着した汚れを優しくふき取りましょう。

古いテレビを一緒に処分する場合

高価買取を狙うのは難しいですが、業者によっては安く買取してもらう可能性もあります。また、液晶テレビや他のアイテムを売る場合はまとめて出した方が買取金額もアップするでしょう。

購入して間もないテレビ

テレビを購入してから2.3年しか経過していない場合も、高価買取が狙えるでしょう。手入れがしっかり行き届いており、傷一つない状態なら尚更買取に出すべきです。

テレビの廃棄処分は買取をしている専門業者を頼る

テレビ

壊れている場合の廃棄処分方法

液晶が割れたもの、映像が映らないテレビは無料で廃棄処分が行なえます。やり方は、連絡不要で引き取り依頼ができる宅配回収、自身で運んで店頭に持ち運ぶ方法、出張買取の三つです。お得に処分をするなら、持ち込みがいいでしょう。梱包作業が苦じゃなければ、宅配回収が向いていますよ。地域密着型のサービスなので、出張回収も依頼しやすいです。

テレビ

回収ができるテレビの種類

プラズマやブラウン管を除く、すべての液晶テレビ、液晶が割れており且つ、破損や故障がしているテレビなどが廃棄処分扱いです。年式は問わないのでどしどし依頼しましょう。もしあれば、リモコンや周辺機器も準備してくださいね。

家族

普通に処分した場合

大手家電量販店でテレビを廃棄処分すると、リサイクル料金が3千円前後、運搬料もそのくらいかかります。合計5.6千円の出費になるでしょう。しかし、回収専門業者を利用すれば、それらがチャラになります。

広告募集中